奇しきな出来事〜珈琲とカメラと日常を〜

珈琲初心者の学びと成長を期待するブログです。

へんかの話

私事ですが、転職をいたしました。

そんなこともあり、更新ができていなかったわけですが、書くことも特になかったこともありますね!

さて、仕事の話なのですが正直、少し迷いが出ています。職場の人はいい人も多いのです。しかし、仕事内容として今後の自分はこのままでいいのかと思ってしまっています。長期的なキャリアを考えている時にこの仕事をあと何十年も続けられるかといえば、少し戸惑いはありますね。

なに、甘いことを言っているんだと思うかもしれませんが、ふわふわとした感覚でまだ納得できないという状況なんですね。表現が難しい感情です。

仕事についてはもう少し悩みたいと思います(笑)

 

近況の変化はこんなもんで、珈琲は相変わらずでペーパードリップをやっています。最近は新しいサーモが欲しいなと思ったり、ドリッパーを新調しようかなと考えたりしています。よく行く珈琲店が使っている陶器のドリッパーが素敵で買おうかと思っています!買ったらまた載せますね。

 

さて、このブログは基本はコーヒーのことを書いて行くのですが、なにか思いついたことも最近は言葉にしたいなと思ってきているので、読み苦しいこともあるかと思いますが、戯言と思って受け流してください。

 

そして、今日はコーヒーの本を購入したので、ご紹介です。

『珈琲は楽しい!』です。ちょっと高いですが、読み応えもあっていいですよ!

 

コーヒーは楽しい!

コーヒーは楽しい!

  • 作者: チュング‐レングトランセバスチャン・ラシヌー
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2017/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 それではまた!

 

 

 

 

100点は目指すべき?

お久しぶりになります。

今回は考え方について少し勉強になったことを書き留めるという意味でここに書こうと思います。

私は現在、ある資格を習得のために勉強をしていました。その講座の最後にテストがあり、自分は点数が取れたか不安でしょうがなかったです。

しかし、その中のある人に100点を目指すから一つのミスで焦ってしまう

100点でなく合格を目指したらもっと気持ちが楽になると言葉をかけてくれました。

 

そこでハッと思いました。私は学生時代から何かにつけて不安が襲ってきました。

大学受験も勉強しても勉強しても不安は取れなくて、就職活動での面接でもずっと不安で何がダメなんだろう、自分は努力が足りないのだやネガティブだからいけないのだと思っていました。しかし、よくよく考えると何もかも100点を目指していたのだとわかったのです。

もちろん、100点を目指すことは悪いことでなく、当然だと思います。

しかし、気持ちと折り合いをつけたり、くよくよとしないためには100点を目指さないという考え方は合理的のように感じました。

こと、私が目指している資格取得ということに関しては100点を取ろうが合格最低点だろうが合格は合格で資格がもらえるのだから、100点は取ってから目指せばいいのだと思うのです。

そう思うと少しポジティブになれたようなお話でした。

ブログの方向性について

さて、誰も見てないかもしれないですが、このブログの方向性についてのお話を少し

約一年ほど前に始めたこのブログですが、コーヒーに特化したものになっていたのですが、私の仕事としてやっていることも加えて全般的に書いていきたいなと考えています。

ブログのタイトルとしてある【奇しき舎】は現在のハンドメイドの雑貨やコーヒー豆を販売する際に用いる屋号です。

これからは現在やっている個人事業のことも書いていきますので、宜しくお願いします。

ただあくまでコーヒーがメインであることに変わりはありません。