読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇しき舎の出来事〜珈琲と猫を中心に〜

珈琲初心者の学びと成長を期待するブログです。

100点は目指すべき?

お久しぶりになります。

今回は考え方について少し勉強になったことを書き留めるという意味でここに書こうと思います。

私は現在、ある資格を習得のために勉強をしていました。その講座の最後にテストがあり、自分は点数が取れたか不安でしょうがなかったです。

しかし、その中のある人に100点を目指すから一つのミスで焦ってしまう

100点でなく合格を目指したらもっと気持ちが楽になると言葉をかけてくれました。

 

そこでハッと思いました。私は学生時代から何かにつけて不安が襲ってきました。

大学受験も勉強しても勉強しても不安は取れなくて、就職活動での面接でもずっと不安で何がダメなんだろう、自分は努力が足りないのだやネガティブだからいけないのだと思っていました。しかし、よくよく考えると何もかも100点を目指していたのだとわかったのです。

もちろん、100点を目指すことは悪いことでなく、当然だと思います。

しかし、気持ちと折り合いをつけたり、くよくよとしないためには100点を目指さないという考え方は合理的のように感じました。

こと、私が目指している資格取得ということに関しては100点を取ろうが合格最低点だろうが合格は合格で資格がもらえるのだから、100点は取ってから目指せばいいのだと思うのです。

そう思うと少しポジティブになれたようなお話でした。

ブログの方向性について

さて、誰も見てないかもしれないですが、このブログの方向性についてのお話を少し

約一年ほど前に始めたこのブログですが、コーヒーに特化したものになっていたのですが、私の仕事としてやっていることも加えて全般的に書いていきたいなと考えています。

ブログのタイトルとしてある【奇しき舎】は現在のハンドメイドの雑貨やコーヒー豆を販売する際に用いる屋号です。

これからは現在やっている個人事業のことも書いていきますので、宜しくお願いします。

ただあくまでコーヒーがメインであることに変わりはありません。

 

2017年の話

あけましてどれくらい経ったでしょうか?

もう1月も半分が終わったのかと、驚いています。

さて、昨年は自分としてもコーヒーに携わる機会が一定でそれがいいのか悪いのかは判断ができかねますが、短いながら今年の個人的目標を文字で書き示しておくと言うことでパソコンを開いたわけです。

 

さて、今年のコーヒーのテーマはずばり【焙煎】です。

手焼き焙煎などはやってきたのですが、もう大きな焙煎機を買おうかと昨年より考えていました。

2016年は仕事が変わり、住む場所が変わり、新しい人間関係が生まれ、なかなかハードな一年だったのですが、コーヒーはやはりそんな早い流れの中にいても趣味であり、唯一の楽しみでした。

都会から田舎に移り住んだため、正直美味しいコーヒー豆を販売しているところが見つかっていないこの状況で新鮮な焙煎したてのコーヒーが飲みたいと日に日に思いが増すばかりでした。

初めは富士珈琲の煎っ太郎を買おうかなと考えていたところ、それなら富士ローヤルのディカバリーがおすすめだと知り合いの珈琲屋さんに言われ、では高いがそうしようと思った矢先に焙煎を練習する時間が取れないぞと言う問題が発生しました。

 

考え抜いた結果、全自動の焙煎機にしようと結論に至ったのです。

これは賛否がある問題のように思います。自分で圧力を調整して、色を見て、香りを確認してする焙煎こそ自分なりの100点が作れると言う意見はもっともなのですが、私は思ったのです。80点でもコンスタントに出してくれればそれでいいのではないかと、なので今年の終わりになるのかとは思いますが、焙煎機を買おうと言うのが今年の目標でやっていこうと思います。

 

今年は良き年にしたいですね!